読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のつれづれ記

日々感じた事を思いつくままに綴っていきます。お立ち寄り下さりありがとうございます。

胸にずっと持ってるよりも吐き出してしまうと楽になる事がある。

日曜日まで援助に入っていた方が、道端で倒れているのを発見されて救急車で搬送された。

この方、かなり自由気ままに暮らしてきた方で、ヘルパーにも気にくわないことがあれば暴言吐くわ、暴れるわで一癖も二癖もあったが、その反面 人情深いところもあった。

生活保護を受けておられ、住宅はひどい状態…

つい先々月も、たまたま受診し薬の処方を待っている最中に心臓が止まり、慌てて処置してもらって蘇生したのに、その日のうちに点滴の管を外して脱走し、自力で自宅まで帰った根性の持ち主。

もちろん身寄りはない。

倒れる前から幻視が出てきており、今、精神薬を飲まされベットから起き上がることもできず、オムツ交換してくれる看護師に手を合わせていると聞いた。
以前のこの方からは想像もつかない状態…


やんちゃが過ぎて、この方を嫌っている人も多いだろう。

「心臓が止まった時に逝かれればよかったのにねぇ。」とはばからずに言う人もいた。

こんな声が聞こえると、ため息がでる。

いらない命ってあるんだろうか?

私たちは毎日 'いらない命' のお世話をしているのだろうか?

かなり虚しくなってくる。


何に対してなのか、激しい憤りを感じている。

いい時代も過ごしてきたろうに、あまりに哀れな最期にか。

あんなに家が好きだったから、家で死なせてあげたかった事への思いでか。

正確に言葉では言い表せない。

厳しい現実と向き合う事が、最近多くなった。







今日も一日お疲れ様でした。

どなたの夜も主のお守りが豊かにありますように…