読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のつれづれ記

日々感じた事を思いつくままに綴っていきます。お立ち寄り下さりありがとうございます。

我が家は皆選挙権を持っている。

 

今回は子どもと選挙に行った。

 

子どもが中学生の頃社会の先生に言われたそうだ。

 

「今のように当たり前に20歳(当時)になれば選挙権が与えられるまでに多くの闘いがあった。それを知った上で棄権するならまだわかるが、知らずに棄権するのはよくない。」

 

この言葉が心に残っていて選挙には行く、と言った。

 

先生の一言って大きな影響があるんだなと思い、またその言われた事をちゃんと覚えている事にも驚いた。

 

一人の力は小さい。

あまりに非力だ。

 

でも、声をあげなければ誰にも届かない。

 

選挙に参加した一人一人がこの社会が良くなるように、と期待を込めて清き一票を投票した。

 

政治家の方々には庶民の生活を知っていただき、誰もが暮らしやすい世の中にしていただきたい。

 

 

 

子どもはちゃんと大人を見ている。

 

恥じない生き方をしていきたいものである。

 

 

 

 

 

 

 

今日も一日お疲れ様でした!