読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のつれづれ記

日々感じた事を思いつくままに綴っていきます。お立ち寄り下さりありがとうございます。

‘もう一度スターに逢いたい’ というBS11の番組で夏目雅子さんが取り上げられていた。

 

彼女が亡くなったのは27歳。

当時私は18歳。

 

下宿先の食堂のテレビで彼女の死を知った。

そんなにファンだったわけではないけど、そのニュースは衝撃的でよく覚えている。

 

とっても美人で、伊集院 静氏と結婚し、とても幸せそうだった彼女の笑顔が忘れられない。

「買い物へ行っても奥さんって呼ばれるのに慣れないの。ウフフ💕」と お上品に笑って「またね!」と新居へ帰っていく姿はよく報道された。

 

番組を見ていて色褪せない彼女の魅力に再び虜になり、なぜだか涙が溢れてきた。

 

彼女が亡くなって30年も経ったんだ…

 

‘30年’ と一言で言ってもその中身は重くて濃い。

懐かしさと、寂しさと、切なくて胸がキュンとなり…

 

ゲストの仲代 達矢さんは「僕ももう向こうへいく日が近いでしょうが、天国でも一緒に芝居をしたい。」と言っていた。

すっかりお年を取られ30年という時の長さを感じた。

 

 

いい番組を見られて良かった。

 

与えられた一日一日を大切にしよう。

周りの人を大切にしよう。

 

 

 

今日も一日お疲れ様でした!