私のつれづれ記

日々感じた事を思いつくままに綴っていきます。お立ち寄り下さりありがとうございます。

お久しぶりの更新になりました。

 

今年はコロナに始まりコロナに終わる年のようで本当に大変な一年でした。

 

芸能界もどうなったのかと思うほどの混乱状況が続き、特にファンだったわけでもないのに人気俳優の自死に気分がどん底に落ち込み、自分自身を保つのに苦労した一年でもありました。

 

春には転職をし新たなスタートを切ったのですが、慣れない仕事に気分の浮き沈みも激しく、一人、自分自身と戦っていました。

 

一難去ってまた一難… で次から次に問題は目の前に降りかかり、一つ一つ対処してきました。

完全に問題がなくなったわけではないですが、より良い方向へと事を進めているつもりでいます。

 

親の介護、子どもの事、自分の老後、考える事はたくさんありますが、とりあえず起こった問題から取りかかるしかありません。

 

今日のNHKのうたコンは懐メロでした。

神田川なごり雪は名曲で、一緒に口ずさみました。宮本浩次さんのロマンスはとても新しい雰囲気でとても良かったです。

宮本さん、独特のオーラがあっていいですね!

どの曲も懐かしくでホロリときました。

 

先日、知り合いの方に大中寅二さんの楽譜をいただきました。

椰子の実の作曲家として有名な方ですが、霊南坂教会のオルガニストとして活躍なさった方でもあります。

私にも弾けるようなやさしい曲を選んで弾いてみるととても心に沁みてメロディがグルグルと頭の中に鳴り響いています。

音楽とはなんていいものなのでしょう、と心から思います。 私の気持ちをほぐしてくれます。

 

今年のNHK連続テレビ小説古関裕而さんをモデルにした「エール」ですが、歌の力は本当にすごいと思います。

 

夏にやっぱりNHKの番組で「ライブエール、今こそ音楽でエールを」で 内村さんがいきものがかりのエールの伴奏をなさってて、短期間に仕上げたピアノ曲を披露なさったのですが、その

チャレンジ精神に盛大なエールを個人的に贈りました。あの内村さんがガチガチに緊張なさってて、手も震えながらのピアノ演奏でしたが、とても心に響く演奏でした。

 

上手い下手ではない、音楽に向き合う心が感動を呼び起こすのだと思いました。

 

悲しい事続きの2020年ですが、寄り添ってくれる音楽と共に乗り越えていきたい! と思います。

 

いや〜、歌って、音楽って本当にいいですね。

 

 

 

生きていくって本当にしんどいけど、それでも生きて欲しかった…

 

どんなに辛くても、悲しくても、時間は流れ、朝はやってくる。 何事もなかったかのように。

 

ずっと忘れないよ。

あなたが懸命に生きた事。

 

どうぞ安らかに…

3月も残り少なくなってきて次の仕事が決まっていない事が気になり始めた。

 

少し体も心も休める為に家にいる?

いやいや家にいても特にする事はないから、間を空けずに働いた方がいいよ!

 

自分自身と問答しつつの日々…

 

先月受けた会社からは不採用の通知が届いた。その後受けようと思った会社からは面接すらしてもらえず書類選考で落とされた。

やっぱりおばさんの再就職は厳しい…

いくら人手不足の世の中でも年齢が阻む。

 

私に出来ることって何だろう?

今更だよね。

特に秀でたものを持ってるわけでもなく、好きな事があっても人より上手に出来るわけじゃない。 

世の中の人たちが急にすごい人たちに感じる事がある。 

 

滑り込みの形で次の仕事が決まった。

ホッとはしたけど、初めてする仕事なので私に出来るか心配。

面接してくださった方が「この仕事はヤル気だけ! 」と言ってらしたけど、ヤル気は充分あるけど技術がね…  

やる前からあれこれ考えるよりとにかく頑張ってみよう。

 

世の中の不穏な空気のせいなのか、私の心もいつになくざわついている。

平静を装いながら心の中は混沌としている。

 

早く平穏な日々が戻りますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お久しぶりのブログです。

 

昨年2月に16年勤めた会社を退職し、再就職先の職場も体力的に厳しくて3月いっぱいで退職を決め、現在就活中。

 

昨日、面接に行ってきました!

あと10数年は働きたいので体力的に無理のない今までとは全く異なる職種の仕事を選び、ドキドキしながらの面接でしたが、割とざっくばらんな感じの雰囲気での面接でした。

 

1週間後に郵送で合否が届く予定。

 

今日は朝からミシンを踏んでブラウスを一枚仕上げました。

 

採用が決定したら夫とお祝いして、何の思い煩いもない状態で趣味を思いっきり楽しみたいなぁ〜。

 

 

 

ご無沙汰のブログです。

 

時は平成から令和に移行しましたが、私自身は何の変化もありません。

テレビから流れるNewsで「天皇皇后両陛下が…」の映像に徳仁さま、雅子さまが映るのに少し違和感を覚える程度です。

時代は変化していると実感するときでもあります。

 

生きている限り全ては常に変化していくものですが、変化に気持ちがついていかない事も多くあり…  受け入れる事の難しさを時に感じてしまいます。

 

父の認知症が進んでいる事、歩くのもおぼつかなくなり今後どうなっていくのかを考えると少々の不安を覚えて… 父を全面的に介護している母をどうやって支えていくか…

 

いろんな事情から正社員という立場を捨てパートの身となったものの、老後資金を貯められるほどのお手当てはなく、このままでいいのか⁉︎といつも考えてしまう現在…

 

子どもは働いてはいるものの正社員にはなれておらず、時給の身。これも心配のタネ…

家庭を持つ日は来るの?

 

うーん、考えだすとドツボにはまって抜け出せなくなる!

 

どうにもならない苦しみはあるけれど、今日一日を無事に過ごせた事に感謝して、一日一日を過ごすしかないですよね。

 

こんな何の変哲もない日々を過ごしている私ですが、好きな手仕事は続けています。

刺繍をしたり、服を作ったり、小物作りをしたり、ミシンを踏むのがストレス解消になっているこの頃。

 

ブログでもこんな風に愚痴って、溜め込まないようにしていけたらいいのかな。

 

みんな、何かしら抱えて生きているよね。

明るい話題ばかりではないけれど、人々の生活が一日に小さな幸せを一つ見つけられる暮らしであるように…

 

毎週土曜日にBSプレミアムで午前8時半から

大草原の小さな家の再放送をしています。

子供の頃から大好きな番組で、見られる時には必ず見ています。

ローラの真っ直ぐさや、それを受け止めるインガルス夫妻の懐の大きさ、毎回心が温まります。

 

いろんな思いが胸にあり支離滅裂なブログとなりました。

 

今日も一日精一杯生きました。

 

いい夢を見られますように…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

約5年前にたまたま見ていたNHKのプロフェッショナルに五嶋みどりさんが出ていた。

 

世界で活躍するヴァイオリニスト。

 

華やかなステージに立つのとは対照的な質素な生活。身の回りの事は全て自分でされる様子が映し出され、目が釘付けになった。

 

だいぶ前にまたしてもたまたま買ったCDが五嶋みどりさんのメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲。たまに取り出して聴くと心を揺さぶられる音色に言葉では言い表せないが、深く心に入り込んでくる不思議な魅力を感じていた。

 

プロフェッショナルだったか、別の番組だったか、もう覚えていないけれど、五嶋みどりさんが長崎の五島列島の教会で演奏する番組もテレビで見て、奏でる音色の美しさに見入ってしまった。

 

昨春銀婚式を迎え、五島列島の教会を巡る旅をしたいと思いつつも叶わず…

何となくインターネットを検索していたら、みどりさんのコンサート情報を知り、是非生で聴いて見たい思いに駆られ、すぐにチケットを購入して、そのコンサートに昨日行ってきました‼︎

 

大阪フェスティバルホールで行われたエストニア管弦楽団&五嶋みどりさんのコンサート。

素晴らしいホールに驚き、女優にでもなったかのようにレッドカーペットの階段を登り、すごい長いエスカレーターにまたまた驚き、自分の席に辿り着くまでキョロキョロしながら歩いた。 2500人入る会場はほぼ満員。

 

15時開演だったけれど14時15分からはプレコンサートを行って、いきなりみどりさんが登場されてびっくり〜! 2曲も演奏してくださいました。

 

エストニア管弦楽団の演奏も素晴らしく、pppの小さな音の素晴らしさに感動でした。(プロなんだから当たり前なんでしょうけど、こんな素晴らしい演奏は聴いたことがないと思うほどのものでした。)

 

ソリストを務めたみどりさんの演奏は圧倒されるもので、あの小さな体の全身使っての演奏に聴き惚れました。

凡人の私には素晴らしい演奏をどう言葉で表現していいのかわからないけれど、人の心を揺さぶる演奏に感動し、もっとみどりさんを知りたいと感じました。

 

演奏終了後にはサイン会があり、長蛇の列に並びました。お疲れの中、お一人お一人に慈しみ深い笑顔を向けられ、立ったままサインをしておられました。

私の順番が来た時に「お会いできて感激です! お体を大切になさって下さい。」と声をかけると、話す間じっと私の目を見つめられ、優しく「ありがとう。」と言われました。

 

握手をしていただき、ローマ字でmidoriとCDにサインしていただき、うっとりした気分で帰路に着きました。

 

f:id:asatime:20190429193852j:image

 

演奏終了後の舞台…

撮影してはいけなかったようで警備員の方に叱られました。💧

 

f:id:asatime:20190429194007j:image

 

思い出に残るコンサートになりました。