読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のつれづれ記

日々感じた事を思いつくままに綴っていきます。お立ち寄り下さりありがとうございます。

昨日、21時からのNHKスペシャル 『‘介護殺人’ 加害者たちの告白』をみて ズンッと心が重くなり、ブログを書こうと思っても言葉が中々思い浮かばないまま知らない間に寝てしまっていた。  長く生きてきて晩年が加害者、被害者になってしまうのはあまりにも悲しすぎる…

認知症とは残酷な病だとつくづく思い、何か書き記したいと思うが未だ言葉が思い浮かばない。

 

 

さて、今日は気分を変えてクラシックのコンサートに出かけた。プロ、アマ、一般人からなる室内合奏団の演奏で、お客さんの入りは悪かったが演奏は素晴らしかった。

チェンバロの音色も聴けて幸せだった。♫

ファゴットっていう楽器も初めて見た。

 

演奏曲目

1.ヘンデル   合奏協奏曲  ヘ長調 作品6-9

2.テレマン   3つのヴァイオリンのための協奏      

                     曲 ヘ長調

3.ヴィヴァルディ  ファゴット協奏曲 ホ短調

                              RV484

4.ヴィヴァルディ  弦楽のための協奏曲  ニ長調

                              RV123

5.ヴィヴァルディ  チェロとファゴットのための

                              協奏曲 ホ短調 RV409

6.エルガー   弦楽のためのセレナード ホ短調

                    作品20

 

どの曲も初めて聴く曲ばかりだったけど、ヴィオリンのビロードのような滑らかな音にうっとりした。

司会の方はエルガーはあまり曲目に選んだことがなかったが団員の一人の方の推薦により選んだ、と言い、音楽史の中に残るほどエルガーは夫婦仲が良かったと紹介した。そのせいかエルガーの曲は愛に満ちた温かい曲が多いとの事。

アンコールはエルガーの ‘愛のあいさつ’ だった。

 

f:id:asatime:20160704231440j:image

 

 

 

今日も一日お疲れ様でした!